婦人

意外に困るお酒の処分方法|お酒買取会社が買ってくれる

高価格で買ってもらう方法

電卓とお金

お酒の買取サービスを利用する前に、知っておきたいのが、より高い査定額でお酒を買ってもらう方法です。専門の査定士にお酒を高く評価してもらう方法は2つ。「お酒のお手入れ」と「付属品を一緒に送る」ことです。お酒のお手入れとは、何も中に入っているお酒の状態をよくするといった専門的なことではありません。お酒の瓶やラベルのホコリや汚れを取り除き、封入している箱の中を綺麗に掃除するといったことで十分なのです。その程度の掃除なら会社側がしてくれるのでは、と考える人もいるでしょう。しかし、汚れやほこりがついたままのお酒を送った場合、それを見た査定士は「劣悪な環境で保管されたお酒だ」と判断してしまうことがあります。また、汚れた状態でお酒買取の会社に送るとなると、会社側に清掃をさせるという手間を掛けさせることになります。清掃をするのは会社側の社員です。汚れたお酒の清掃に時間を取らせると、その分会社の業務を滞らせることとなり、それが結果として会社側の不利益につながるのです。お酒買取の会社は当然その分の損益を買取価格に反映させます。つまり、面倒だからと掃除を怠ると、会社側にも、買取を依頼する側にも不利益となるのです。こうしたことから、お酒買取を依頼する際には、必ずお酒の清掃をする必要があるのです。

ほかにも、高額買取をしてもらう方法として挙げられるのが、付属品を一緒に送ることです。お酒の瓶を保護する箱だけではなく、ワインに付属しているコルク栓や、同封された酒造蔵の歴史やお酒の扱いについての説明書なども挙げられます。これらの付属品は、たとえ紛失していても買取に支障が出ることはありません。しかし、付属品があることでお酒買取の会社側からの評価も高くなるため、付属品がある場合は必ず一緒に買取査定に出しましょう。